試験版:中野新橋辺散策(なかのしんばしをあるく)

 
b0031140_1943876.jpg

(秋風や日捲り裾にゴムを巻き:2015年8月30日撮影)


八月三十日、学生時代における友人らとの散策である。天気予報では、雨だという。
 今月は二回目である。中野新橋周辺を歩くことになっている。
 多少早く着いたので、駅前の鮨屋で昼食とし、スパークリングの純米酒を傾ける。
 握りを食べた後、新子、穴子を頼む。
 ほろ酔い気分で、友人らを喫茶店に移動し、待つ。
 中野新橋は、改札を抜けると、まず、左手に神田川の中野新橋を目にする。
 この橋の先に、貴乃花部屋がある。
 部屋に活気があった頃は、力士をあちこちで目にしたに違いない。
 商店街も活気があったはずだ。
 商店街をひと通り歩き、杯を傾ける店を探す間に、西新宿五丁目付近に出る。
 例により、中華料理だ。
 白酒を飲み、その後、身体を温める。銭湯へ行くため、初台付近まで足を延ばす。
(第四千三百八十五段)
[PR]
by akasakatei | 2015-09-02 21:41 | 余暇 | Comments(0)
<< 平日休日朝(へいじつのやすみの... 中野新橋辺散策(なかのしんばし... >>