試験版:映画東京五人男(えいがはいせんごのとうきょう)

 
b0031140_22312347.jpg

(捨て扇要壊れて引き出しに:2015年8月17日撮影)


休日、朝酒を楽しむ。
 朝から酒を飲むのは正月くらいだが、この日は、早起きし、シメ鯖サンド、それにネギトロサンドを作る。
 飲み物としては、酒が一番合うと思い、純米酒、それに発泡酒を用意する。
 前者は食べたことがなく、ある意味、頭の中で考える。どこかで、見た記憶がある。後者は、先日、知り合いのフランス料理店で食べた物を家庭風にする。
 この時間に飲むと、早くも、一日が終わった気がする。
 確かに、この日は予定がなく、だから、作ったともいえる。
 その翌日は、だから、満腹感で、それほど、食欲もない。
 それでも、仕事帰りに、神保町シアターに寄る。
 「戦後70年特別企画 1945―1946年の映画」の特集が組まれ、そのうちの『東京五人男』を観る。
 結構、来ており、ほぼ満員である。
 内容は、終戦後の社会風俗を描く。
 配給、バラックなど、馴染みのない風景がスクリーンに現れる。
(第四千三百七十二段)
[PR]
by akasakatei | 2015-08-20 23:30 | 文芸 | Comments(0)
<< 抑止力妄想(よくしりょくでおわ... 映画東京五人男(えいがはいせん... >>