世田谷代田散策(せたがやだいたよりひがしきたざわへ)

 連日、猛暑が続く。
 そうした中、学生時代の友人らと、世田谷代田付近を散策する。今回は、七月分で、今月は、月末にもう一度会う予定である。
 世田谷代田は、地上駅時代には何回か下車したことがある。地下化になってからは、初めてだ。かなり深い。
 昼食を兼ね、駅前の喫茶店で待つ。
 かつては、何もなかった記憶がある。
 午後の一番暑い時間を歩く。
 駅前は住宅街だ。それでも抜け道に、店がちらほらとある。
 下北沢に近付くと、人通りが多くなる。それを通り過ぎ、東北沢へ向かう。
 杯の交わせる店を探すものの、ほとんど店はなく、結局、ひと駅のみ電車に乗り、代々木上原へ足を延ばす。
 何軒か知っている店があるが、流石に、開いてはいない。駅構内の中華屋へ入る。
 その後、汗を流す。
 ここの銭湯には、以前、入ったことがある。
(第四千三百五十七段)
[PR]
by akasakatei | 2015-08-05 19:22 | 余暇 | Comments(0)
<< 試験版:世田谷代田散策(せたが... 試験版:飛行機墜落(ひとのおも... >>