金魚座敷船(きゅうなかがわふなあそび)

 七月は、学生時代の友人らとの散策は、日程が合わず、八月に二回行なわれることになった。
 手帳を見ると、十九日しか空いておらず、連休の中日で都合の付かない面子が多かった。
 その空いた日に、新聞で見たおしなり船着き場から旧中川までの往復のクルーズを楽しむ。時間的には、一時間弱だ。
 前日から運航を開始し、この日が二日目だ。
 いくつかテレビの取材班も来ている。
 船内には、金魚鉢もあり、すみだ水族館が管理をしている。
 何でも、金魚の名所を売り物にするらしい。
 このクルーズを知ったのは、数日前の新聞だ。ネットで早々に申し込んだ。
 十二人も乗れば一杯の船で、かつての屋根船という感じだ。
 三十五度くらいの暑い日であったが、船が動き出すと快適だ。北十間川より旧中川に入る。鯊釣りの人が結構いる。
 陸に上がった後、テレビの取材を受ける。その後、根津に出、馴染みのフランス料理屋で、昼飯とし、ワイングラスを傾ける。
(第四千三百四十二段)
[PR]
by akasakatei | 2015-07-21 20:01 | 余暇 | Comments(0)
<< 試験版:金魚座敷船(きゅうなか... 試験版:反対派意見(いわかんいけん) >>