試験版:昔話歌舞伎(なりたやだいさんかいじしゅこうえん)

b0031140_20221550.jpg

(雲せめぐ局地の雨や五月闇:2015年6月21日撮影)


六月二十一日、シアターコクーンでの成田屋の第三回自主公演「ABKAI」に足を運ぶ。千秋楽である。朝から雨だ。
 演目は、昔話から題材を摂った『竜宮物語』、『桃太郎鬼ヶ島外伝』だ。演出は宮本亜門氏、脚本は宮沢章夫氏である。
 市川右近丈らが、出演する。
 ふたつの演目とも、一時間くらいだ。客席は、女性が目立つ。
 内容的には、前者は何があっても生きねばならず、後者は鬼から見た桃太郎である。共に現代を考えさせる。
 成田屋は、前者では女形、後者では鬼役だ。
そうした中、注目している役者が出演している。
つい目で追ってしまう。
最後、アンコールがある。
注目している役者は、普段、女形だが、この時は違う。
 終了後、国立劇場、歌舞伎座を回り、今後の公演チラシを入手する。途中、産土神にも型代を納めに寄る。
もうすぐ夏の大祓いだ。
一日が終わる頃、漸く、日が差し始める。
(第四千三百十五段)
[PR]
by akasakatei | 2015-06-24 22:21 | 文芸 | Comments(0)
<< 外人日本人交流(あきばからはじまる) 昔話歌舞伎(なりたやだいさんか... >>