沼津水族館(しんかいぎょすいぞくかん)

それにしても、子連れだと大荷物だ。沼津港近くの予約している旅館に、荷物を先に預けに行く。
 だが、分かり難く、多少迷う。それに、スタッフも、フロントから外線で掛けないと出て来ない。
 身軽になり、三番目の目的である深海水族館に行けば、かなりの人だ。
 駐車場には、バスが並ぶ。
 ここには、シーラカンスの冷凍もある。世捨て人の子が怖がる。
 外に出ると、熱中症なのか、足が可笑しい。
 チェックインは十六時で、未だ、時間があり、沼津港を船で巡る。沖に出ると、かなり、揺れる。
 港に戻ると、夕方近くで、人がいなくなっている。同時に、港周辺の飲食店は、完売で閉店する店も目立つ。
 観光案内所では、夕方でも営業している店は沢山あるとの話しだった。宿は素泊まりで予約しているから、どこかで食べなければならない。
 仕方なく、目に付いた店に入る。
翌朝、チェックアウト時にフロントへ行けば、また不在だ。電話をしないと来ない。
電話をしている間に、宿泊客らが出始める。
そうした中、目立ったのが性同一性障害の人で、世捨て人の娘にあれこれと話し掛ける。
世捨て人の娘は、頭が混乱し始めた様子だ。
(第四千三百十段)
[PR]
by akasakatei | 2015-06-19 18:00 | 余暇 | Comments(0)
<< 試験版:沼津水族館(しんかいぎ... 試験版:沼津文豪寺(ぬまづみょ... >>