試験版:新年度変更旅行丹後(しんねんどさいほうきたきんき)

b0031140_19335282.jpg

(迫り来る竹の秋かな丹後由良:2015年4月19日撮影)


翌十九日、雨だ。昨夜は暗くて分からなかったけれど、再開発された町は、かなり変わっている。駐車場だけが目立つ。ただ、遠く、山に掛かる靄は、この地方の朝に特有のものだ。
福知山には、以前は、夜行で来たものだ。廃止以来、泊まる機会が増えた。
六時四十四分発宮津行きで一日が始まる。
日曜なのに、意外と乗っている。部活動の高校生らだ。
酒呑童子で有名な大江を経由し、宮津着七時三十四分。十二分の接続で、西舞鶴行きに乗車する。これにも高校生が結構いる。
左手に海を眺めながら、西舞鶴を目指す。
丹後由良は、『山椒太夫』と関係する。右手側だけ見ていると、竹の秋が続くから、つい海に近いことを忘れてしまう。
八時二十五分に西舞鶴着。
改札を抜けると、雨が強い。朝食が出来る店を探す。いくつか喫茶店があるものの、開いているのは一軒だけだ。日曜だからか。
店主は阪神ファンらしく、所々にグッズが並ぶ。
中は、常連で込んでいる。男ばかりだ。店主に、この日の試合があるか否かを訊いている。
(第四千二百五十一段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-21 21:31 | 余暇 | Comments(0)
<< 新年度変更旅行上方(しんねんど... 新年度変更旅行丹後(しんねんど... >>