試験版:新年度変更旅行出発(しんねんどさいほうたびだち)

b0031140_19232610.jpg

(行楽日空いている席蜂一匹:2015年4月18日撮影)


四月十八日、仕事帰りに、京都方面に旅立つ。
東京十八時三十分発「のぞみ123号」に乗る。
今回の目的は、四月に動きがあったウィラートレインズだ。北近畿タンゴ鉄道が第三種鉄道事業、同社が第二種鉄道事業となった。
車内は、新人研修から解放された新社会人らや旅行者で賑わう。
そうした中、ホームで待っている間、変な方向に並ぶ連中を見る。途中で折れれば良いのに、ホームの端にまで伸びており、通行の邪魔で仕方がない。ホームの床には、並ぶ位置を示す彩りがされているのだから、それに従えば良いだけの話しだ。不慣れそうな年配者らだ。
東京を出る頃には、日が暮れ、闇を列車は進む。
今回もまた、直前に、列車変更をし、通路側だ。外が見えないのだから、関係がない。
二十時五十分京都着。この時間でも、京都の駅構内では開いている店が多い。
二十一時三十七分発「きのさき19号」に乗り換える。既に、入線しており、折り返しの清掃も済んでいる。車輌は旧国鉄型のものだ。発車時間が近付くと、座席が埋まり始める。
定刻に発車。車窓には明るい店がいくつも現れる。流石に、郊外に出ると、車窓に見えるのは闇ばかりだ。
二十二時五十二分福知山着。今夜はここで泊まり、翌朝一番の列車で、ウィラートレインズに乗る。
(第四千二百五十段)
[PR]
by akasakatei | 2015-04-20 22:22 | 余暇 | Comments(0)
<< 新年度変更旅行丹後(しんねんど... 新年度変更旅行出発(しんねんど... >>