試験版:吾嬬辺散策(ひがしあずまへんさんさく)

b0031140_20184879.jpg

(冬の空構図越え新電波塔:2015年1月18日撮影)


一月十八日、学生時代の友人らとの散策である。今年のテーマは、行ったことのない駅の商店街である。
東武亀戸線東あずまで待ち合わせる。あずまは吾嬬という。日本武尊が関係する。この辺の橘や立花も同様だろう。
時間があるので、駅隣の喫茶店で待つ。女主人の店だ。それほど広くなく、ガスがないので、食事は限られるという話しだ。
今回の東あずまは、西側に商店街があり、飲食店系が多い。
東あずまは、昭和三十年の地図を見ると、駅がない。これに関し、調べると、一度廃止になり、復活したようだ。
この商店街を抜けると、香取神社に出る。
境内には梅が目立ち、近くに梅園があったらしい。
小村井を目指す。小村井駅を越え、明治通り辺まで進むと、橘銀座商店街がある。昭和三十年頃には、既に、有数の商店街だったみたいだ。
この日は、日曜の昼過ぎということもあってか、それほど活気は感じられない。
田丸神社でトイレ休憩をし、押上方面へと進む。
途中、妙見様の法性寺がある。鉄筋の寺だ。北斉の信仰が篤かったとのことだ。
駅前で杯を交わす。尤も、体調が悪く、人参酒とする。その後、スカイツリー側の銭湯で暖まる。浴室の絵は、リゾート地のようだ。
(第四千百五十八段)
[PR]
by akasakatei | 2015-01-18 20:19 | 余暇 | Comments(0)
<< 年賀状抽選(ねんがじょうとうせ... 吾嬬辺散策(ひがしあずまへんさ... >>