試験版:広告今(こうこくからしる)

b0031140_2014557.jpg

(古本屋高価本横水仙花:2015年1月2日撮影)


世間は、漸く、日常に戻ろうとしている。
そうした中、未だ、門松を外さない家もちらほら見掛けるけれど、出身地、それとも、家の関係か。
そういえば、仕事場でも、門松やお飾りをどう飾るか、年末に、スタッフらが様々に言っていた。何れも五十代以上である。
それだけ、薄れているという意味かもしれない。
足早に駅へ向かう人らの中に、学生の姿を見付けることは、この時期、少ない。
学校が始まれば、列車も、また込むはずだ。
先日、植え込みで見た水仙も、もっと咲いているだろう。
列車に乗る。吊り広告に目が行く。私鉄グループの警備会社で正社員、契約社員などを募集している。
私鉄グループだから、仕事や人生も安定中とある。
果たして、そうなのか。部門が他社に売却されることもあるに違いない。
広告に安定と出るほど、今の世は、安定していないという証明かもしれない。
(第四千百四十八段)
[PR]
by akasakatei | 2015-01-08 20:15 | 余暇 | Comments(0)
<< 耳鼻科富士(じびかからのふじ) 広告今(こうこくからしる) >>