初詣朝(はつもうでにいく)

未だ、快気には遠く、それでも産土神へ挨拶していないことが気になり、故郷を目指す。
四日だというのに、意外に人が来ている。
参拝後、二日に予約した二月の鹿芝居のチケットを国立劇場まで取りに行く。ただ、正直、身体が重い。地下鉄で行こうかと考えるけれど、駅までの距離、徒歩などを比べると、時間はそれほど変わらない。
結局、徒歩で永田町に出、チケットの他、今月の芝居のプログラムも入手する。
ここまで来たなら、銀座も回ろうと思う。
銀座での目的は、チラシ、及び、新橋演舞場における芝居の筋書きの入手、更には、毎年発売される歌舞伎名鑑を買うためである。今年は、鴈治郎丈の襲名が年明けにあり、正月の発売である。
チラシを貰いに行くと、ネットでは平成中村座が掲載されているにも関わらず、ラックにはない。窓口で確認すると、出来ていないとのことであった。声が出ないため、この遣り取りだけでも大変だ。
 名鑑を劇場近くの本屋で買い、早々に戻る。
(第四千百四十四段)
[PR]
by akasakatei | 2015-01-04 17:12 | 余暇 | Comments(0)
<< 試験版:初詣朝(はつもうでにいく) 試験版:正月準備話(しょうがつ... >>