正月準備話(しょうがつじゅんびにかんし)

新年も三日になると、正月は終わった感じである。
サービス業関係で、働く者にとっては、年末年始など、普段と変わらない日常でしかない。年末年始が終わると、ほっとするのが本音だ。
というのも、在庫をある程度抱えておかなければならないことで、年末におけるその調達が難しい。注文しても、入って来ないことも多い。
何れにしろ、世間では長期休暇だが、サービス業のほとんどは関係ない。
関係ないといえば、今日、正月準備をしない家も目立つ。
クリスマスはしても、正月は何もしない家もあるようで、それこそ、どこの国の人かと思う。お節料理を知らない若者もいるに違いない。
正月の門松についても、以前と比べ、簡素になっている気もする。マンション暮らしの家では、縁がないものだろう。
 そうした一方で、旧家では、毎年変わらずに、行事が行なわれる。民俗学的には重要だ。
(第四千百四十三段)
[PR]
by akasakatei | 2015-01-03 19:30 | 余暇 | Comments(0)
<< 試験版:正月準備話(しょうがつ... 試験版:凍朝初仕事(さむさのな... >>