神谷町散策(かみやちょうをあるく)

十一月十六日、神谷町で友人らと待ち合わせる。毎月の都内散策である。
神谷町は故郷とも近く、母方の親戚も住んでいる関係で、昭和四十年代から何回か訪れたことがある。
待ち合わせは十三時なので、それまでに昼食を済ませる。ホテルオークラが近いからか、チェーンの喫茶店が意外にある。
まず、ホテルオークラ方面より、六本木へ抜ける。途中、親戚が住むマンションの前を通る。この付近も再開発され、三十年近くが経過した。
記憶として、タクシーを捕まえようとして、子連れだからか、なかなか停まってくれなかったことを覚えている。幽霊でも乗せているのではないかと大人が話していた。
故永井荷風氏が住んでいた旧居跡より、御組坂を横目に道源寺坂を目指す。
かつてこの付近は、民家が密集し、都内にいる感じがしなかった。今は、整備されてしまい、個性が感じられない。敢えていうなら、外人が多いことか。
(第四千九十九段)
[PR]
by akasakatei | 2014-11-20 21:18 | 余暇 | Comments(0)
<< 試験版:神谷町散策(かみやちょ... 女悪行(じんかくしょうがいしゃとは) >>