土佐秋車庫(とさのあきしゃこ)

散策後、デンテツターミナルビル前に出る。十七時三十四分に、後免線から桟橋車庫前に戻る列車がある。低床車輌で、ここから乗る人は珍しいのか、運転士はドアを開けない。乗りたい旨を告げると、ドアを開けてくれる。最初、はりまや橋で下車しようと思っていたけれど、梅の辻まで乗る。
宿に帰ると、食事だ。土佐の地酒を頼んでおいた。土佐は酒で有名だ。マンボウの小皿がある。
夜、大浴場にある露天風呂に入ると、雨だ。
翌二十七日、昨夜の雨は上がった。
起きてからひと風呂浴びると、団体客で浴室は賑わっている。
朝食を済ませ、宿前の電停で待っていると、桟橋車庫前が到着する。飛行機まで時間があるので、面白い走り方をする列車に乗る。
 はりまや橋で、高知駅前方面に入線した後、停止し、運転士は反対方向に急ぐ。
 ポイントを渡り、桟橋線の車庫方面に入線する。
 折角なので、桟橋車庫前まで向かう。
 車庫に戻るまえ、電停より眺める。
 時間は十時となり、帰りの飛行機は十三時三十五分のANA566便を予約している。
 十時四十五分のバスに乗り、空港で早目の昼食とする。
(第四千七十九段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-31 22:01 | 余暇 | Comments(0)
<< 試験版:土佐秋車庫(とさのあき... 試験版:土佐秋桟橋(とさのあき... >>