土佐秋伊野(とさのあきいの)

とさでん交通は、基本的に、南北を結ぶ桟橋線と東西を結ぶ伊野線、後免線の系統である。一部、はりまや橋で桟橋線のルートから伊野線や後免線へ向かうものがある。また、逆もある。
これは車庫入れや車庫出しの関係だ。その際は、渡り線を通る。それも乗って見ようかと思い、ダイヤを調べて来た。
こうしたこともあり、遅れが気になる。
鏡川橋で後続の伊野行きに乗り換える。ここから先、一部単線になり、タブレットの交換となる。見ていると、軌道にオバサンが運転するバイクが進入し、運転士も気を遣うに違いない。伊野から、すぐに折り返す。
この日は、沿線にある高知大学で何かあったのか、四十代の女性らが、かなり乗って来る。普段、利用しているらしき人は驚いた顔をしている。日曜の午前中は、空いているのかもしれない。
混雑、更には、先ほどの不慣れな人の乗降で、遅れが増し始める。
はりまや橋十二時三十三分に戻る。
次に、桟橋通五丁目方面の電停に行く。ここでも、列車は遅れている。慢性的に遅れているのか。
(第四千七十七段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-29 21:51 | 余暇 | Comments(0)
<< 試験版:土佐秋伊野(とさのあきいの) 試験版:土佐秋後免(とさのあき... >>