試験版:秋武蔵小金井歩(あきのこがねいさんさく)

b0031140_2045653.jpg

(美術の森緑地の湧水:2014年10月19日撮影)


はけの道を通る。途中にある農家の前など、頭上に遮るものがないからか、かつての武蔵野もこうだったのではないかと錯覚させられる。車屋の坂下に出る。
 白伝坊の坂より下り、おお坂を上る。
 鬱蒼とした道だ。
 この途中に、美術の森緑地があり、名湧水の池がある。
 竹林に囲まれている。
 再び、はけの道を進み、ムジナ坂に出れば、坂下には二台の自転車が置かれている。確かに、夜など、ムジナが出そうな雰囲気だ。雨の夜など、歩きたくはない。
 武蔵野公園を左手に、小金井新橋で野川沿いに歩く。
 天神橋で右折し、小金井神社を右手に念仏坂を目指す。
 かなり狭い道である。
 二時間ほど歩き、駅前に戻る。この後、杯を交わせそうな店を探すもなく、駅前のチェーンのラーメン屋になる。
 その後、汗を流すには、往復で未だ三十分も歩かなければならない。
(第四千七十一段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-23 22:43 | 余暇 | Comments(0)
<< 人格異常者(さいきんのわだい) 秋武蔵小金井歩(あきのこがねい... >>