試験版:野分前上州高崎(たいふうまえのたかさき)

b0031140_21282565.jpg

(雨の高崎駅:2014年10月5日撮影)


十月一日、吾妻線の長野原草津口から岩島付近の線路が付け替えられた。これに伴い、十月五日、日帰りで行くことにする。
この付け替えは、八ツ場ダム関係だ。
朝五時に起きると、台風十八号の影響もあり、雨が強い。こうした天候だと、行くのが億劫だ。乗車券は、既に、入手済みである。今回は、在来線の普通列車で行くつもりだから、変更はいくらでも可能なものの、日程的に他の休日は予定が入っている。
郊外電車に乗ると、丁度、化粧を始めた若い女性がいる。その変化を眺めている間に新宿着。上手く化けるものだ。
新宿より埼京線で赤羽へ出、六時三十六分の列車で高崎に向かう。日曜だというのに、制服姿の高校生が目に付く。文化祭でもあるのか。
高崎には八時十五分に着く。今回、乗車券は大前まで買った。そこへの本数は少ない。取り敢えず、付け替えルートが第一の目的なので、次の九時十二分の列車で、長野原草津口まで乗る。
高崎での待ち時間で朝食を済ます。駅前は再開発されたこともあり、食べられる店はほとんどなく、チェーンの店しかない。
(第四千五十五段)
[PR]
by akasakatei | 2014-10-07 22:24 | 余暇 | Comments(1)
Commented by 河辺の部屋主 at 2014-10-06 22:29 x
確かにひと駅ごとに別人になっていく様は呆気にとられることも…。迷惑をかけられている訳ではないので(迷惑な客はもっと他にワンサカいる)いけないとは思わないが、個人的にはみっともないし見苦しくもある……ということは迷惑を受けているということか…。公衆のトイレの手洗い場の鏡の前で大して変わらない前髪を気にして何度も指でならしている男。あれは迷惑だ。こちらが焦れて蛇口に手を伸ばしてもまだどかなかったりする。
<< 野分前上州大前(たいふうまえの... 野分前上州高崎(たいふうまえの... >>