秋曇日(はまちょうからねぎしへ)

先日、十一月の明治座における昼の部を予約した。夜の部に関しては観た記憶があったものの、記録を探ると、観ておらず、急遽、予約を入れる。
正直、先行予約が行なわれ、既に、予約開始日も過ぎており、どうなるかは分からない。
それでも、何とか、予約を入れ、すぐに、明治座へチケットを入手しに向かう。その後、秋葉原に回り、私用を済ますと昼時だ。
八重洲の馴染みの鮨屋へ足を向ける。
昼酒を楽しむ。
酔いを醒ますべく、鶯谷の銭湯へ行こうとJRに乗る。
その銭湯は、行ったことがあるけれど、以前に触れたスタンプを捺印していないところだ。熱帯魚の水槽が玄関にある。
開くまでに時間があり、チェーンの喫茶店に入る。
当然、セルフサービスで、運ぶ途中で、コップを割る会社員らがいる。やはり、この様式は問題しか見えない。
この辺の住所は根岸だ。周囲は、ホテル街だ。その種の女性らが目に入る。自転車でホテルに入るなど、意外に、庶民的な感じだ。
ホテル街を抜けたちょっと先に神社がある。入ると、坂本富士だ。
ここは以前に、何回か来たことがある。
地図が繋がる。東京を歩いて何年にもなるけれど、未だ、知らない土地が多い。
月に一度、学生時代の友人らと歩く東京でも、知らない場所は結構ある。
(第四千三十段)
[PR]
by akasakatei | 2014-09-12 21:12 | 余暇 | Comments(0)
<< 試験版:秋曇日(はまちょうから... 試験版:一等国発言(このじだい... >>