試験版:映画落語人情話(えいがもういちど)

b0031140_2354826.jpg

(イオンシネマ板橋:2014年8月23日撮影)


八月二十三日、仕事帰りに東武練馬まで行く。
この日に公開された『もういちど』を観るため、イオンシネマ板橋へ向かう。
調べたところ、仕事帰りに観られる映画館はここしかなく、他は夕方が最終だ。
十九時五十分の回は、それほど込んではいない。
ただ、終わってから、地元へ戻ると、かなり遅くなる。
つい何をしているのかと思う。
今回、観る気になったのは、落語絡みが理由だ。
主人公を林家たい平師匠が演じる。
テレビの大喜利のイメージが強いものの、意外と上手くスクリーンに入り込んでいる。
良い意味で人情話しに仕上がったと思う。
残念なのは、パンフレットが作られていないことだ。
 それにしても、まさか、こうした場所で、映画を観ることになるとは考えなかった。
 映画館を出ると、買い物客で込んでいる。別世界だ。
(第四千十一段)
[PR]
by akasakatei | 2014-08-24 23:58 | 文芸 | Comments(0)
<< 映画富裕貧困層(えいがおよめに... 映画落語人情話(えいがもういちど) >>