臨花摘南房総号(はなつみみなみぼうそうごう)

 二月六日、大宮のホームに七時過ぎに立つ。
 この時間に大宮へ来たのは、八時一分発の「花摘み南房総号」へ乗るためである。
 これは館山まで行くけれど、途中、貨物線を経由する。武蔵浦和から別所信号所である。
 この区間を走るのは、知るところ、この列車のみで、今年は二月の土曜にしか運転されないようである。
 七時五十分頃に、国鉄型特急車輛が入線する。特急車輛を使っているけれど、「花摘み南房総号」は快速で、乗車券と指定券で乗ることが出来る。
 ホームには、この列車を写すべく、カメラを持った若者をあちこちで見掛ける。
 それにしても、全車指定席なのに、一部車輛に自由席の札があったのはどうにかならないか。
 定刻に発車する。
 車内は空いている。ここでも撮影している人が多い。
 今回は、新松戸まで行くことにする。
 大宮を出、見慣れない箇所を走っていると思っている間に、武蔵野線に入っている。
 八時三十七分、新松戸着。
(第二千三百五十七段)
[PR]
by akasakatei | 2010-02-12 20:56 | 余暇 | Comments(0)
<< 第十九回若手能(みみにここちよく) 電車我道動(しゅういをきにせず) >>