教師群世界(きょうしのやみ)

()

b0031140_18191996.jpg
(学校は特殊空間だ:2018年2月18日撮影)

風邪が続き、咳、そして、夜になると悪寒までする。
それでも、仕事場へ行かねばならぬ。このような時に限り、面倒

がある。
以前にも触れたが、教師は世間を知らぬところがあり、日曜に使

うものを土曜の夜に頼んでも納品されるものと思っている。
間に業者が入るものの、これが、また、教師に頭を下げるのを嫌

うのか、説明をしても納得しない。
それにしても、世間を知らぬ大人が子供を教えるのだから、妙な

話しだ。
学問だけで、他を知らぬから、通ると思うのか。

これに限らず、不祥事が起これば、閉鎖空間において、隠蔽した

がるのだろう。

世間を知らぬとは、亡き校長も言っていた。
それにしても、世には、その職業ということで、勘違いする輩も

いる。首相を含めた右派の政治家、官僚、弁護士、医師、裁判官、

大企業社員などだ。
だから、何という感じだ。
思えば、昔は地域で子供を見守り、近所の子の親が何をしている

か知っており、それがある意味、社会を教えていたのかもしれない。
今や隣が何をしているかも分からない。

(第五千三百五段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-03-10 18:18 | 社会心理 | Comments(0)

飲食店接客(めざすきゃくは)

()

b0031140_20131625.jpg
(お邸町にて:2018年2月18日撮影)

友人らと散策後、飲食店に入るに、あれこれ吟味した結果、二時間ほど歩くことになった。
 個人的には、意外に、考えずに店に入る。
 値段を気にする向きもあるが、大体、これくらいだろうと予想するくらいだ。
 そういえば、先日、最近、よく足を運ぶ和食屋の店主と杯を交わした際、地元でも余計に取る店があると教えてくれたことを思い出す。
 この類は、ある劇評家の本でも読んだ。
 また、会計時、明細を出すか否かも関係するみたいだが、地元で出す店は少ない。
 察するに、常連で持っている店に多いような気もするが、最後は、店主次第か。
 何れにしろ、そうしたことを繰り返す間に、評判は悪くなるはずだ。
 それにしても、歩き過ぎた結果、帰宅すると、何をする気にもなれない。年齢を感じる。尤も、風邪気味というのもあったが、遠く江戸の人間には及ばない。
                     (第五千三百四段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-03-09 20:12 | 社会心理 | Comments(0)

二本榎消防(たかなわだいよりしぶやへ)

()

b0031140_18331921.jpg
(高輪消防署二本榎出張所:2018年2月18日撮影)

二月十八日、学生時代の友人らとの散策だ。
今回は高輪台だ。
高輪消防署二本榎出張所を訪れるつもりだ。
高輪台の地上に出れば、待ち合わせに適当な店がない。
中華屋で昼食を済ませ、冷たい風の中、友人らを待つ。
十三時に揃い、明治学院大学の近くにある消防署へ向かう。消防

署の向かいには警察署もあり、資料によれば、両署のある二本榎通りは、旧東海道だという。

ここの建物は昭和八年に出来、「東京都認定歴史的建造物」に選定

されている。受付で頼めば、見学が出来る。しかも、案内付きだ。
火の見櫓のひとつ下の円形講堂には、龍吐水、刺し子などがある。
また、戦前の消防車を見せて貰う。
この後、白金台にある三田用水路跡を訪ねる。この辺りは、文字

通り、台地で、起伏が激しい。維持費が大変そうな邸宅も並ぶ。
そろそろ杯を傾けたくなるが、山手線の駅に出なければないだろ

う。途中、入っても良さそうな店があったが、同行者より、場の雰

囲気を壊すと言われる。壊すことには抵抗はないものの、素通りし、

恵比寿を経由し、渋谷まで出てしまう。

 疲れ、食欲もない。

(第五千三百三段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-03-08 18:32 | 余暇 | Comments(0)

字幕情報迷(はんだんのつかぬじょうほう)

()

b0031140_19201504.jpg
(遅れを知らせる駅の案内:2018年2月17日撮影)

変われば変わる世の中だが、来年からの新元号に関し、発表が遅れる可能性もあるらしい。
 様々な連中が、何だかんだと言っているようだ。
 保守派が絡むとのことだ。
 この類が、力を持つことなど、昭和末期には考えられないことだった。
 変な方向に流されなければ良いが。

変な方向といえば、数年前のNHKか。

そのNHKの字幕に、大江戸線の運転見合わせが出る。都庁前から汐留とあるが、これでは、どの区間か分かり難い。というのも、大江戸線は「6」の字の運転だ。
 地元の駅まで行き、蔵前から新御徒町の夜間作業のためと分かる。
 ここまで、書いて貰わないと、どこが不通か分からない。途中駅をひとつ入れるか入れないかで、情報の正確さが、かなり違う。
 山手線の場合は、内回りや外回りとするから、未だ、分かる。
 そうした中、今ひとつ、体調が優れない。
 咳が朝から止まらない。
 前夜、やや、悪寒を感じた。ただ、熱はない。
 一昨日、耳鼻科の門を叩いた際、喉も診られたが、異常はなかった。
 仕事場近くの内科の門を朝一番で叩けば、喉が腫れ、風邪とのことだ。

(第五千三百二段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-03-07 19:18 | 社会心理 | Comments(0)

地下鉄混乱(ちかてつのじょうきゃく)

()

b0031140_18231166.jpg
(地下では:2018年2月16日撮影)

地下鉄の女性専用車に関するトラブルで、列車が遅れたという。
この車輌を設けること自体、正直、反対だ。
冤罪を防げるとの話しも聞く。
ただ、乗り慣れぬ線を使った場合、どこに乗れば良いのか分から

ぬ時も結構ある。
 特に、駅名にも馴染みがなく、混乱の元という気もする。
 これに限らず、最近では、映画館や飲食店など、女性を優遇する風潮が強い。
 些か、違和感を覚える。
 更にいえば、日頃より、女性に対し、辟易している人間からすれば、最早、目障りな感さえする。

そうした中、東京の地下鉄において、新たに、築地と新富町、そ

れに、水天宮前と人形町が乗り換え駅となる。
 これにより、運賃が変わる区間も出て来る。ただ、地上連絡だと、心理的には微妙だ。
 だからといって、地下連絡でも、長々と歩かされるのは如何か。
 以前にも触れたが、都内の地下鉄は、駅の混雑を分散させる意図もあり、近くても、乗り換え駅としない方向だった。
 それが変わったのか。

(第五千三百一段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-03-06 18:22 | 社会心理 | Comments(0)

傲慢輩(ごうまんをみるに)

()

b0031140_18272152.jpg
(庶民を知らぬと:2018年2月15日撮影)

察するに、非正規社員のようだが、世にオバサンほど、面倒なものはない。どういう理由で、このふたりは残ることになったのか。
 労働といえば、首相が働き方改革について、答弁を撤回したが、頭の下げ方を見るに、傲慢さを感じるのは何故か。
 傲慢といえば、先に触れた銀座の学校の校長にも現れていた。

銀座だからというのはどうか。

元々は商売人の町だ。

更に、思い出したのが、以前に勤務していた会社のことだ。副社長の息子がある私立小学校に通っていたが、学校より、全てブランドで固めるよう言われた話しを会議でし、それを当然としたことに、誰もが引いたことがあった。

それにしても、世には、権力を手に入れ、傲慢な連中の何と多いことか。

謙虚な人間が少ない。

その多くは勘違いしている。

組織の不祥事によるお詫び会見を見る度、そう感じる。

何様のつもりか。

(第五千三百段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-03-05 18:26 | 社会心理 | Comments(0)

国家妙理屈(こっかにさからうなとは)

()

b0031140_18075727.jpg
(春は近付くが:2018年2月15日撮影)

ある新聞のコラムを見ていたら、お国に文句を言うな、との風潮を感じるとある。
 実感する。
 中学の教科書に、故森鴎外氏の『最後の一句』が出ており、お上のなさることに間違いはありますまい、との一行があった。
 これについて、討論した記憶がある。
 授業といえば、知識から思考力へと高校の課程が変わるらしい。
 思考力は、様々なことに接しないとイメージ出来ないもので、机上だけでは生まれない。
 政権により、教養、特に、人文科学が必要ないとされる中、果たして、どうなるのか。
 更にいえば、現代では、大人でも、ネットやメディアの情報だけで、判断し勝ちだ。
 安易に、信じること自体、信じられぬが、それが現実だ。
 そうした中、車内で、同じ職場らしき五十代の女性ふたりの会話だ。
 人を減らすため、残る人にもっと出てくれ、と言われているとのことだ。
                   (第五千二百九十九段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-03-04 18:07 | 社会心理 | Comments(0)

小物首相吠(ふりまわされるれんちゅう)

()

b0031140_05284201.jpg
(正しい情報を得るには:2018年2月11日撮影)

 ある本をネットで古本屋に頼む。在庫なしとの連絡がある。また、別の古本屋に頼む。これも、同様の回答がある。

 何故、情報の消し込みをしないのかと思う。

 情報といえば、NHKは、ニュースの時間にも、オリンピックばかりを放送し、他のニュースなど、ないような感じだ。

 NHKには、料金を払っている。もっと、別に放送すべきことがあるのではないか。

 そうした中、首相が、北朝鮮に関し、改めて、圧力を訴えている。違和感しかない。

 違和感といえば、首相がひとつの新聞社に対し、異常なほど批判している。

 小物振りを発揮している。

 先日のある調査によれば、消極的な支持者が多いようだ。

 それにしても、現在、様々な分野において、我が国で見られる価値観の異なる者に対する攻撃は如何なものか。

 排除が普通となっている。

 戦争となった際、恐ろしい世界が待っているはずだ。

(第五千二百九十八段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-03-03 05:27 | 社会心理 | Comments(0)

愚政権本音(りゅうきゅうへのせっしかた)

()

b0031140_18205222.jpg
(デモに備え:2018年2月11日撮影)

建国記念の日の翌日、未だ、ここ数日の疲れが残っている。あれこれ考える。
 まず、下北沢での映画館における舞台挨拶での美魔女に、確かに、分からない気がする。ただ、それよりも、細さに、逆に驚かされる。これは、もうひとりの主人公の月本愛氏にも思う。
 次に頭に浮かんだのは、杯を交わした店主らとの話しだ。
 地元で、意外と、店を畳もうとしているところが多いことを知る。
 それにしても、最近は、年齢のためか、なかなか酒が抜けない。また、右膝にも痛みを覚える。
 そうした中、先日、沖縄の民家に自衛隊関係の機体が落ちた。これに関し、住民のコメントに批判が集まる。
 最近、この類に、少しでも、自衛隊や米軍に批判的な発言をしようものなら叩かれる。
 これを異常としない世は、正に、異常だ。
 実際、国会議員でも、野次で、何人が死んだと飛ばした。
 本音が出たと捉えるべきだが、仮に、自衛隊や米軍を一番に考えているとしたら、先の時代と一緒だ。
 あの頃、何人が被害に遭ったか。
 何れにしろ、戦争の悲惨さ、愚かさを知らぬ連中が、箱を開けようとしている。

(第五千二百九十七段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-03-02 18:19 | 社会心理 | Comments(0)

鈴懸散歩道(えいがすずかけのさんぽみち)

()

b0031140_00280616.jpg
(映画館の案内:2018年2月11日撮影)

これを目当てに、毎年、集まる人も多い。落語や色物も番組とし

て入っているものの、中入り前の獅子舞となると、席を離れる人もかなりいる。
 というのも、獅子舞は、獅子と若手の噺家が客席を一緒に回るが、行ってしまうと手持ち無沙汰になるからだろう。
 今年、若手の噺家が三人いたが、その内のふたりが女性で、内、ひとりは前座見習いと思われる。着物で回るが、緊張が見て取れる。
 終演後、神保町に戻る。
 故石坂洋次郎氏の原作で、氏の作品ということで足を運ぶ。
 物語は出版社を舞台に、いくつかの恋愛模様が描かれる。
 ただ、恋愛とはいっても、亭主や子供のある女性との恋、妻を亡くし、老母や子供がいる上司との恋などだ。
 登場人物らは、悩みながらも、答えを出す。
 台詞に、自我の目覚めと出て来るのが印象的だ。

 帰路、地元の最近よく行く店で杯を傾ける。

 看板後、近くに店で店主や女性のアルバイトらと杯を傾ける。

 店主の哲学を聞く。

(第五千二百九十六段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-03-01 00:27 | 文芸 | Comments(0)

鹿芝居世渡親子柵世(しかしばいこはかすがい)

()

b0031140_00260715.jpg
(当日の番組:2018年2月11日撮影)

 建国記念の日、朝、地下鉄で神保町へ向かう。
地上へ出ると、機動隊が待機している。デモに備えているのだろ

う。
わざわざ神保町に来たのは、「生誕100年記念池部良と昭和のダ

ンディズム池部良、佐田啓二、森雅之、上原謙一にっぽん美男子列

伝」の特集が組まれているからだ。この内、十七時四十五分からの

『すずかけの散歩道』を観ようと思う。
整理券方式の自由席だから、まず、チケットを入手しに来た。
もう少し遅くても良さそうだが、午後から夕方まで、国立演芸場

で鹿芝居だ。このため、席がなくなる可能性もある。
無事にチケットを入手後、渋谷へ出、芝居のチラシを探す。
短時間に都内をあちこちに移動し、流石に、何をやっているのか

と思う。
鹿芝居の開場は、十二時十五分だ。それまでに昼飯を済まそうと

思うが、朝は餅だったので、軽いもので済ませたい。
毎年恒例の鹿芝居は初日ということもあり、満員御礼だ。
年配の団体も来ている。町内会関係のようだ。今年の演目は、『世

渡親子柵―人情噺子は鎹―』だ。演者は、馬生師匠を中心に、正雀

師匠、馬楽師匠、世之介師匠、菊春師匠、それに、若手の噺家らで

行なわれる。

(第五千二百九十五段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-02-28 00:26 | 文芸 | Comments(0)

映画好色本(えいがえろぼん)

()

b0031140_23002496.jpg

(下北沢の映画館:2018年2月10日撮影)

二月十日、仕事帰りに下北沢へ寄る。映画『えろぼん! オヤジとムスコの性春日記』を観るためだ。

 一週間限定となっている。それもレイトショーだ。

 この映画館の客席は少ないものの、なかなか興味深い作品を上演してくれる。何回か、来たことがある。

 今回、足を運ぶ気になったのは、美魔女という一条綺美香氏が出演者に名前を連ねていたためだ。

内容は昭和生まれの父と平成生まれの息子を中心にした物語だ。それに女性が絡む。

観ていると、地元の川が撮影で出て来る。
 客席は、R15指定というためか、男性ばかりだ。

見ていると、互いに顔見知りも結構いるようで、寄席にいるような雰囲気もある。

映画好きなのか、それとも、この分野の映画が好きなのか、今ひとつ掴めない。

上映後、舞台挨拶がある。

関係者が八人ほど並び、中でも、監督の話しが面白い。

パンフレットへのサイン会もあり、訪れた人のほとんどが購入しており、列が出来る。

(第五千二百九十四段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-02-27 22:59 | 文芸 | Comments(0)

規制緩和罪(ちほうこうつうへのだげき)

()

b0031140_18195256.jpg
(バスがなくなると:2018年1月28日撮影)


岡山のバス会社が、三十以上の路線バスの廃止を発表する。
何でも、これまで持っていた路線に、新規の割安のバス会社が入

って来るためという。
これを受け、今後を予測し、赤字の系統を減らすらしい。
廃止の届け出のあった各自治体は衝撃を受けているようだが、規

制緩和をした結果ともいえる。
平成に入り、様々な分野で、規制緩和が行なわれたが、正直、評

価は分かれるだろう。
個人的には、不便になったとしか思えない。
恩恵を受けた気はしない。
効率、利益を錦の御旗に、既存の社会が壊され、それにより、何

が残ったか。

疑問だ。

今後、同様のことが、あちこちで起きる可能性もあるだろう。

バス会社は、一石を投じたといえる。

それにしても、規制緩和をする際、こうしたことは考えなかったのか。あまりにも、その脳の単純さに呆れる。

(第五千二百九十三段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-02-26 18:18 | 社会心理 | Comments(0)

金狂人(かねにつかれた)

()

b0031140_18172212.jpg
(昭和は遠くなり:2018年1月28日撮影)

先に、銀座の小学校の制服に触れた。一説によれば、校長が業者からいくらか貰っているのではとも言われている。
 金といえば、オリンピックか。
 今回の韓国での冬季オリンピックについて、政治的なものになって来た気がするものの、オリンピックといえば、企業の金儲けのイメージしかなく、純粋に楽しめないようなものになっている。
 考えるに、金が絡むと興醒めし、楽しめないものになってしまう傾向があるのではないか。
 例えば、プロ野球はどうか。
 昭和の方が、貧乏球団もあり、純粋に楽しめた。
 角界はどうか。
 八百長でかなり人気を落とした。
 これが、芸術に入って来ると、どうなるか。
 ある意味、表現の場だが、影響はするだろう。
 映画や芝居など、スポンサーの意向が反映されるに違いない。
 儲からないものは、簡単に、切り捨てられるはずだ。
 本当に良いものは、知らずに、消えていくと思われる。
 実際、どのくらい姿を消したか。
                   (第五千二百九十二段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-02-25 18:15 | 社会心理 | Comments(0)

保守謎思考(それがほろぼす)

()

b0031140_05175265.jpg
(本当に必要なのは:2018年1月28日撮影)

銀座の公立小学校において、海外のブランド物の制服を導入するとのニュースが流れる。

かなり高額なもので、成長期の子供に対し、卒業まで、どのくらい掛かるのかと思う。

金額について、保護者には伝えておらず、問題となっているらしい。

導入理由は、銀座の真ん中というためだ。この発想には呆れる。金持ちばかりが通っているわけではないだろう、

以前、八重洲に通勤していた頃、この辺りの公立小学校は、制服を着ており、疑問を思ったものだ。

尚、この件では、国会議員の話題でも取り上げられた。

疑問といえば、野党の質問に、いつも首相は原稿を読んで答えている。

違和感しかない。というのも、常に下を向いているからで、何も伝わらないだろう。

そうした中、保守系新聞が、沖縄の新聞社らに対する謝罪記事を載せた。

基本的な取材をしなかったためだが、この類が、保守には多い。

国を間違った道を歩ませているのに、一役買っている認識があるのか。

(第五千二百九十一段)


[PR]
# by akasakatei | 2018-02-24 05:15 | 社会心理 | Comments(0)